キャッシングを利用すれば

キャッシングを利用すれば返済しなければなりません。たいていの場合は元本に金利を上乗せした金額を返済しなければなりませんが、実は金利が全然かからない方法もあります。
それは、キャッシング会社が実施している金利無料期間を利用することです。もちろんすべてのキャッシング会社が実施しているわけでもなく、実施しているキャッシング会社でも金利無料期間はばらばらですので利用するときにはしっかりした情報収集が必要ですが、金利が全然かからないというのはやはり魅力的といえます。金利が無料期間のうちにキャッシングの返済をするあてのある人には便利で安いキャッシングです。
それを利用できないで毎月返済している人には返済資金の余裕がある場合には繰り上げ返済をすることが有効な手段です。月々の返済ではその金額はまず利息に充当されその残りが元本に充当されますが、繰り上げ返済をした分はすべて元本の充当に充てられることになりますから、繰り上げ返済をした分はすべて元本の返済になるので、元本がたくさん減ります。そうすることによって減った元本にかかり利息は少なくなりますので、返済総額と返済期間を減らすことの大きな効果があるので繰り上げ返済はお勧めです。

クレジットカードの支払いがとても助かる

クレジットカードは端的に言えば借金をすることなのですが、
借金の相手は将来の自分です。
将来の自分が支払うべきお金を、カード会社に立て替えてもらっているのです。

そして、私は仕事柄毎月きまった額の給料が入るわけではありません。
ある月は15万円だったり、ある月は60万円だったり、
仕事量にばらつきがあり2~3ヵ月後の見通しは立つものの不定給です。

そんな私には、クレジットカードの支払いがとても助かるのです。
給料の少ない月に欲しいものがあったりしたときに、とても便利です。

例えば給料15万円の月に、10万円程度の買い物をしたいと思ったら、
クレジットカードを使うのです。
翌月の給料が30万円と分かっていたら、翌月に10万円を一括払いで支払ってしまいます。

同じような状況で、30万円の買い物をしたいときには、
翌月と翌々月で2回払いを選択します。
そうすると、クレジットカードの請求は15万円ずつの2回になります。

このように、一括払いや2回払いを選択しても手数料はかかりません。
クレジットカードの利息などはつかないのです。
こうして現金の出入りを操作することで、
不定給でも上手に収支をやりくりすることができるのです。