借金をしている感覚

主人の弟はかなりお金にだらしがない人なんです。その事で弟のお嫁さんから相談がありました。クレジットカードのキャッシングは何度も利用していて、その都度貯金を切り崩して返済をしていたようなんです。それでも全然キャッシングをやめようとしないどころか、今度はカードローンにまで手を出したんだそうです。流石にもうこれは離婚しかないかなという相談でした。薄々わかっていたことですが、はっきりと相談されるとこちらもどうしていいかわからず。主人の親に相談しようにも、主人の親自体がお金にルーズなところがあるので話にならないのは目に見えています。かと言ってうちが借金を肩代わりできるわけもなく。カードローンって本当にお金に困った人にはとっても便利なものだとは思うのですが、弟のように遊ぶお金に使ってしまうと、返済をする宛がないものだから、どんどんと借金は膨れ上がってしまうんですよね。でもカードローンってカードを使ってお金を受け取るもんだから、借金をしている感覚がないんでしょう。クレジットカードのキャッシングも同じですね。この際離婚したほうがいいとは思うのですが、子供の事を考えるとちょっと迷いますよね。なかなか難しい話です。